みなそこすなどけい2

水底砂時計ni

かたみぞと

かたみぞと風なつかしむ小扇のかなめあやふくなりにけるかな

 /与謝野晶子『みだれ髪』

 

夕方になって外へ出る。最寄り駅に置いたままの自転車を取りに行く。

 

言葉がねむい、からだが覚束ない。夜ごとの夢がぬかるむ。

 

夜じゃないから見えなくなくて、だから自転車に乗るには困らないのだが、眼鏡をかけて出てきた。散歩のときは眼鏡をかけるかかけないかを純粋に気分だけで決められる。選ばなくてもえらべるので、この二択が好き。

 

明るいうちに眼鏡をかけて歩いていると、世界に奥行きがあることを思い出して愕然とする。ブロック塀、電線、雲、ピンク色の西の空、を、うごめきながれる黒い点のカラスたち。

 

自転車には蜘蛛の巣が張っていて、蜘蛛の糸にはふわふわの綿毛がくっついていた。まばらな毛糸みたいだった。

 

スーパーに寄る。

 

出かける前、「とらドラ!」の14話をみた。竜児が亜美ちゃんに「豚肉を食べろよ。生姜焼きはマストだ。生姜は体を温めるからな」みたいに言っていたので、まんまと豚肉を買って帰る。あれよりは薄いやつだけど、いつも豚肉は細切れしか買わないのでじゅうぶんリッチな気持ちになるし、四枚あるから二食分にできる。キャベツと、あと緑のものがほしいのでピーマンも買う。生姜は刻んだのが家に冷凍してある。

 

アイス売り場で女の子がきょうだいに「ねえハーゲンダッツでもいいんだって!」と声をかけている。お母さんがいいって言ってくれたのか、めでたい。僕はピノがいっぱい入ったやつを買うね。

 

食材と一緒に箱ティッシュもスーパーで買う。手間もふくめてコストを計算した結果であって、むかしの自分なら隣のホームセンターのほうが安いだろうからべつべつに買っただろう、と思う。大人になるにつれて、こういう「次善の策」が許せるようになるのを感じる。どんどんヤキが回る。

 

自転車のかごにまずは箱ティッシュを寝かせ、その上に買い物袋を置く。漕ぐと減速したときにはずみで肉がうしろに飛びそうなので、押して歩く。

 

ストーカーを撃退したあと、緊張の糸が切れて涙を見せた亜美ちゃんに、竜児が「よくがんばったな」みたいに言ったりしなかったことを思い出す。

人間が人間に関わろうとするとき、ともすれば、物語の慣性みたいな力に流されてしまう。そのようにして、言わなくてもいいことやしなくてもいいことを英雄的な気分で友だちに押し付ける。じつにたやすく。

 

とらドラ!の子たち(〈子たち〉!)はみんな賢いし客観性もあるし、自分でじぶんのエゴに言葉で気づけて、気づいたらちゃんと伝えられるからとてもえらいな、と考える。

齢を重ねるほど、それがどんなに難しいかわかって、身にしみて、先回りで諦めるようになっていく気がする。知ったからって諦めていい理由にはならないのだけれど。

 

味噌汁を作り、野菜を刻み、豚肉に下味をつけて銭湯へ行く。まだ明るさが残る時間に行くのは初めて。

 

銭湯は、春にボイラーの灯油が切れて、一週間通ったとき以来だ。雨の日もだった。

 

帰ってきたらちょうどごはんが炊けていた。

生姜焼きは甘さをおさえてしょっぱめにして、とてもおいしくできた。

誰のために、を考えてもつらくならないので料理は良いな、と思う。慣性で塩をふりすぎてしまっても、ちゃんと結果に反映されてすぐに自分で気づくことができる。

 

座椅子でこれを書いている。太ももがMacBookの熱であたたかい。今日は風がそんなに入ってこない。

さっきの子のハーゲンダッツを思いながら、これを書き終える。

まもなく、あしたも生姜焼きを食べる世界で横になって、目を僕は閉じるだろう。

kindle paperwhiteを買いました

 じぶんへの誕生日プレゼントにKindle Paperwhite 32GB マンガモデル(キャンペーン情報なし、ブラック)を買いました。

 

○選んだ理由

 タブレットとも迷ったのだけど、webブラウザとかSNSとかついてるとけっきょくそっちをだらだら見ちゃって読書ができないだろうことが想像できたので、機能が読書と本のお買い物だけのKindleに。

 目に優しいのが良いなーと思ってeinkなPaperwhiteに。

 漫画の読み心地には不安があったものの(画面ちっちゃいし)、容量があったほうが良いよね、と思ってマンガモデル32GBに。キャンペーン情報はめんどくさいのでなしに。

 

○良いところ

 まず軽くて薄い! 今のところおうちの中でしか使ってなくて、というかお布団での使用が9割。お布団で紙の本を読むときはうつぶせ or 左右どちらかに向いて寝転がるわけですが、うつぶせは長く続けづらいし、左右どちらかに向く場合もページが重力の影響を受けて垂れてくるので、大きい本とか文庫でも厚い本とかはけっこう難儀します。

 でもkindleは横向いて寝そべっていても、さらには仰向けで読んでも重力の影響を受けにくい。頻繁に体勢を変えることができるのでお布団での読書の継続時間と集中力がアップ! やったね!

 

 文字の本はちょう読みやすいです。大きさとか行間とかを好みに設定できるし。あと横向き表示にすると1行あたりの文字数が少なくなるので、縦方向の目線移動が少なくなって読みやすい! 2段組の単行本の1段ぶんが右から左にざーっと続いていく感じ。

 

○漫画について

 漫画を読むにあたっていちばん心配していたのが画面の小ささでした。やっぱり漫画は見開きで読みたいなあというのがあって。

 紙の本や液晶画面で表示するのに比べて鮮明度は落ちるというか、ちょっと全体的にぼやっとした感はあります。慣れれば気にならないけど、好きな作家の本で手許に置いてぞんぶんに愛でたいものはこれからも紙で買うよなーというのが正直なところです。

 見開きにするとやっぱりちいさくて、文字が多い漫画(ハンターハンターとか)だと見開きで文字も読むのは諦めなきゃだめなレベル。文字が少なくて行間や余白を読ませる漫画は見開きでも苦にならないけど(青い花とか)、でもそういう漫画ほど紙で読みたいよねというジレンマがあったりします。

 なので落としどころとしては「とりあえず縦向き・単ページで読んで、内容が頭に入ったら見開きでながめる」とかかなあと思っています。ただし、画面の向きを切り替えるには「メニューを表示させる→文字設定のアイコンをタップ→画面の向きをタップ」で3アクション必要なので、頻繁に切り替えるのには向かない。

 結論としては、見開き表示にこだわらないのであればぜんぜん快適に読める、でも「マンガモデル」と名乗るのはちょっとちがうのでは、みたいな感じです。

(漫画って見開きで読むことにより、すこし先の未来を視界の端に捉えながら、文字情報を追っていくみたいなことができて、すごいメディアだなあとあらためておもいました)

 とはいえ紙の漫画、とくに続きものは買うと物理的にどんどん増えるので、場所を取らないのがめちゃうれしくはあります。

 それにpaperwhiteで読まなくても、買った本はKindle for macでも読めますしね。

 あと今や見つけづらいすこし前の作品が電子であるのもやっぱり良いです。『女の子の食卓』は文庫のベスト版持ってるけど揃えたい、でも紙では見つからない……だったので電子で揃えます。わーい。

 

○使いにくいところ

・ストアから本を買うとamazonポイントを勝手に使われる、たぶん解除できない

・ライブラリで本が探しにくい。新しい本を買った時点でコレクションごとに振り分けるのが賢明っぽい。

・漫画とかで期間限定無料、みたいな本、期間がすぎると読めなくなるのですが、サンプルではなくあくまで「購入した本」扱いになるっぽくて、端末からの操作ではクラウドから削除できない。

・ストアにカート機能がないので1冊ずつ買って1冊ずつ購入しましたメールが来てうっとうしい。

 

○でもお高いんでしょう?

 prime会員になると4000円引きで買えて、primeの年会費は4000円弱なので1年目はそれだけで元が取れてしまう! やったね!(まんまと策にはまってる気もする)

 さらに父の日セールのときに買ったので7000円引きで買えました。

 それでも1万円超えるし、高いっちゃやっぱ高いのですが、でもコンテンツとしては青空文庫も読める、青空文庫が読めるので、「うすい、かるい、めにやさしい! 高機能青空文庫リーダー」として使ってるだけでぜんぜん元が取れるなあという個人の感想です。

 青空文庫スマホでも読めるけど、でもiPhoneで読んでたときにはちまちまとしか進まなかった与謝野晶子源氏物語を寝る前とか寝起きとかに読んでるんですけど、これがまあ捗るはかどる。 

 ぜんたいてきにはめっちゃ買いだとおもいます。そして光源氏は悔い改めろ。

人質だったのは誰か  ――アニメ「STEINS;GATE」感想メモ

 シュタインズゲート(アニメ)を一気にみてしまったので、考えたこととかをすこしメモしておきます。

 

 ・まゆしぃは自身のことを岡部の人質だと言う。それは正しくて、けれど逆はもっと正しい。岡部こそがまゆりの人質だった。

 

 ネタバレも含むので〈続きを読む〉からどうぞ。

続きを読む