みなそこすなどけい2

水底砂時計ni

散歩のつづきがいい(2014.09.09)

散歩してそのまんまみんなに会いに行きたい。電車とかバスとか取らなくても乗らなくてもちょっと遠くのコンビニ行くくらいの遠さで会えちゃったりしたい。ケータイも家に置いてきたままで小銭入れだけ持って自販機でジュース買って飲みながら歩いて飲みほし…

あたらしい神様

明日は母が早番なので、明日のお昼のパンを買いに出た。夜の10時を回っている。人もまばらなイオンの食品売り場で惣菜パンと菓子パンをあわせて4個(自分の分と父の分)買う。戻ると母がお風呂からちょうど上がったところで、妹(夏休み中だが明日も学校で勉…

呪いだった

あの告白は 彼女にとっても 呪いの言葉だった (志村貴子『青い花』8巻 p.147-148) 11月末がすごく年末っぽく思えて、もうすでに年末年始分のそわそわは体感したかなっていう風な今日このごろですので、いまのうちに今年を雑に振り返ります。今年は呪いにつ…

タリウム少女の毒殺日記 感想メモ

9月に京都みなみ会館に観に行って、観た後すぐにイオンモールのマクドナルドで感想メモしてたんですけど放置してしまっていました。ですのでもうふくらましたり構成したりせず、箇条書きのまま引き写しますね。(ちなみにメモしたノートはうっかり醤油びたし…

『叛逆の物語』感想その2

劇場版『魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語』の感想つづきです。 観に行ったその日に書いた感想はこちら↓ d:id:ashco_62:20131120 (「要は死ぬほどうらやましかったのだ ――『叛逆の物語』感想」)言い残したこととか、あと新しく考えたこととかをつら…

要は死ぬほどうらやましかったのだ ――『叛逆の物語』感想

劇場版『魔法少女まどか☆マギカ [新編]叛逆の物語』を観てきたので感想を書きます。 注意。ネタバレ回避しません。細かい言い回しとかは記憶が曖昧です。あと後半わりと自分語りがまざってうっとおしいし口調が乱れすぎ。こじらせてる。落ち着け。* まず最…

『青い花』完結に寄せて 短歌5首

『青い花』最終8巻を読みました。最終話の一話前でつらくて泣いてしまった! 完結に寄せて、短歌5首書きましたので以下に掲載します。志村貴子先生、すばらしい作品をありがとうございました。 青い花 あの坂を下りたなら海 いつか君が花降らすように泣い…

窓のあなたとわたしの背中 ――アニメ『フルーツバスケット』感想

高屋奈月の同名漫画が原作のアニメ『フルーツバスケット』をニコニコ生放送での一挙放送をタイムシフトで見ました。視聴期限内にぶっ通しで見るのはけっこう厳しく(お盆でお出かけしたりしてたし)、一日目の最後の方(10〜13話)は見られなかった。でもす…

万華鏡茄子

これの世に光は満ちて飯を食うあるときは父あるときは母 奥田亡羊 両親はまだ子どもで、一つの体に住んでいる。意識とか人格とかは、きっかり二つに分かれているわけではないが、そのときどきでベストの配合になって表に出てくるらしい。振る舞いとか所作と…

ダイヤモンドへの手紙

前略 菱川六花様 いきなりこのような手紙を送りつけるご無礼をお許しください。 この手紙は普通の方法で届けられたものではありません。いや、届いているかどうかも、書いている僕には知る術がないのです。そして、読み終えてしまえばこの手紙は泡立って消え…

新しい世界をみんなで見に行くためにも走りこみと手拍子は基本

れいかさんといいことりちゃんといい留学キャンセル流行ってるのかな…… っていうのはともかく、ラブライブ!最終13話見ました。にこ先輩に会えなくなると思うとつらかったけど、にこ先輩は最終話も一直線で安心した。はー。なにも言うことないです。エリーチ…

傲慢と最低とチームとともだちとラブ

前回のラブライブ!(デンッ!) ネット配信でラブライブ!を追いかけていて、うっかり11話を見逃してしまったashco。そんな中、テレビ放映実況組のラブライバー達がTwitterでどよめいているのを目撃し、一体どうなるのかとやきもきしていた。そして、ついに…

鎖と橙

橙色は知っているけれど橙は見たことがない。柑橘類なのだろうな、というのはわかる。実物はともかく、たぶん写真か映像かあるいは何かの挿絵で見たことくらいあるだろう。いや、実物を見たこともあるかもしれない。でも、覚えられない。しっくりこない。最…

ものおもう春

はかなくて過ぎにしかたを数ふれば花に物思ふ春ぞ経にける 式子内親王

やおよろずまで一万歩

夕光(ゆふかげ)をふかめる貌のあなたなる明日あかときを知らで添はなむ 山中智恵子『みづかありなむ』 基礎体力をつけようと思って一日八百字以上なんでもいいから書くキャンペーンをしています。せっかくなので書いた習作たちの中からいくつか選んでたまに…

心がリンクしている ――『特命戦隊ゴーバスターズ』最終回に寄せて

これだから小林靖子はやめられない。終盤に大きくうねるストーリー、その仕掛けはいつも「人間とはなにか」というところを突いてくる。人間と人ならざるモノ(怪人)の境界は何か、最後にその生命を人の魂たらしめる条件はいったい何なのか(『仮面ライダーオ…

アルパカに乗ったお姫さま

ラブライブ!8話をさっき見ました。その勢いで感想をだだだっと。 お話自体はけっこうわかりやすくてありがちっぽく見えるんだけど、なんせキャラクターの魅力が強すぎて引き込まれます。これこれこういう思い入れがあるので廃校はどうのこうので嫌、とか言…

スマイルチャージ! または、屈託なんて吹き飛ばせ!

スマイルプリキュア!が終わりました。でも終わった気があまりせず、そこの角を曲がったらあの5人のだれかに普通に会えてしまうんではないかという気がします。それがスマイルの一番いいところでもあり、弱かったところでもあるのかなーと。

こどもじゃないよ、ころもどん

いろいろ書きたいことはあるのになかなかかけずな日々です。春ですね。生活は忙しくないのですが内面はいつでもばたばたしてます。 最近は咲がすごく気になり始めて、立ち読みだけど長野県大会が終わるあたりまで読みました。アニメはあちが編から見始めたの…

夏アニメの感想

超いまさらですが。・人類は衰退しました 途中からしか見なかったけどとてもよかった。原作読んでみたい。 色づかいとか、変に不安になる感じが、こう、素敵でした。わたしちゃんと銀髪さんの関係がいいなあと思いました。妖精さんたちの顔、あののっぺりデ…

記憶と時間とふたたびくらげ

しかし、写真の解読のコードを一応身につけているわれわれでも、例えば星座を見る場合は、隣接する二つの星が実は地球からの距離が気の遠くなるほどたがいに異なるといったことは、ふつう考えてもみない。宇宙空間を駆けめぐっている異星人がいたら、これは…

映画『ヴァンパイア』感想

岩井俊二監督の映画『ヴァンパイア』を観てきました。感想をだだだっと書きます。以下、作品の結末や核心に触れる記述を含みます。ネタバレ注意。

最近のニチアサ感想(2012年9月)

・仮面ライダーフォーゼ 終わりましたねー。いまひとつ乗っかりきれないまま終わっちゃったかなあという感じ。最終回手前のKENGOとのお別れはよかったんだけど。仮面ライダー部はたしかに楽しそうな空間ではあるんだけど、それを劇中でうまく相対化できてな…

伝達可能性と力の行使 ――カブトボーグ48,49話

人造昆虫カブトボーグ V×Vの48話と49話の感想、および作品全体に言及した文章です。気が付いたらなにかよくわかんないけどまじめに書いてしまった。まあ基本的にただの考えすぎですのでその辺ご注意ください。

康ちゃんの横顔の憂いときたら 『青い花』7巻感想

志村貴子『青い花』7巻よみました。感想かくよ。走り書きだよ。ネタバレしてるかもよ。

劇的なんかじゃなくていい ―― TARI TARI 6話感想

TARI TARI 6話見ました! 5話の引きがかなり重くて息苦しくて、予告でみんなが和奏を呼ぶ声や和奏の「ありがとう」を聞かされて、今回は絶対何か起こるぞーと思ったら案の定やられてしまった。 和奏の憂鬱の根っこにあるお母さんのことと音楽のことが5話で明…

祇園クロール

王宮は星の隠れ家(が) 王ねむり衛兵ねむる夜半(よは)にうたげす 水原紫苑『あかるたへ』 実は、ちゃんと賑わうメインのときにちゃんと見に行ったことのなかった祇園祭に、とうとうちゃんと行ってきた。宵宵山だった。 どのくらいちゃんと見に行ったかという…

やめないことと続けること --「TARI TARI」4話を視聴して

TARI TARIの4話「怒ったり 踊ったり」を見て思うところがあったので、ちょっとどうしても一言だけ。 コンドルクインズのおじさまが主人公(たち)に「音楽はやめられないよ。やめる・やめないはないんだよ」みたいな意味のことを言っていた。良い科白です。…

さいきんのこと

更新してなかったー。申し訳程度に書くよー。 春アニメは結局『君と僕。2』が安定しておもしろかったです。咲はなんか玄ちゃんが痛ましくって見ててつらかった。 夏はTARI TARIとゆるゆりとじょしらくかなー。ポヨポヨ観察日記が3クール目に入るみたいでめ…

カブトボーグ感想28〜30話、38話

このブログで私はカブトボーグの感想を書き始めてはみたものの続けるのが面倒くさかった!! ので!すぐさま筆を置き、卑怯にも読者の裏をかいて更新をストップしてやった!ハッハッハー! ……というわけで中途半端に更新します。 去年の亀田回から見始めたので…