読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みなそこすなどけい2

水底砂時計ni

西半球突入!

南緯22度57分、西経9度23分。

こちら船内時間は世界標準時です。

船はアフリカ大陸を離れ、いま大西洋を西へ西へと進んでいるので、本日も-1時間の時差が発生です。

先日は野外フェスがありまして、またSkaバンドで演奏しました。

数日後には夏祭り。いや、まじで夏です。帰ったら桜の季節に日焼けした肌で現れますのでお楽しみに。

今回もちょっと所用によりネットに参上です。

なんだかこんなに頻繁にネットにつないでいると、旅の趣があまりなくなっちゃいますね。

そんなわけでアフリカ寄港地報告、パート2は手短に。

長々書くのは面倒くさいですし。

日本に帰ったら散々語りますので。

南アフリカケープタウン

交流コース、「南アの『いなか』でホームステイ」をとりました。

小学校訪問、山あいのワイン農園の傍らの一家にステイ。

夜空の下でワイン片手に踊ったり語りあったり。

のどかなひとときでした。

ナミビア、ウォルビスベイ☆

交流コース、「ナミビアの他民族文化に出会う」。

小学校訪問(アフリカで3度目)、タウンシップ散策、ダマラ族の族長さんに会う、などなど。

昼食には香ばしく炒めたイ○ム○も!

ちょびっと砂漠にも行きました。砂丘を駆け下りたら気持ちよかったけど、のぼりでだいぶぜーはー言いました。

アフリカを通して思うのは、たくさんの子どもたちと触れ合えたのがすっごく良かったです。

しつこいくらいくっついてきて、「写真撮って」と大騒ぎ。

どこの子もみんな元気だけど、みんな事情を抱えているんですよね。

楽しかっただけじゃなくて、アフリカを身近に感じて、いろいろ考えて。

アフリカ、もう一回行きたいな!

さてさてつぎはラテンアメリカ

もっともっと、いろんなものと出会いたいです。

最近船内生活にちょっとぐったり気味ですが…

そんなときはこの言葉。

アフリカで覚えたスワヒリ語を紹介して、今回はこの辺で。

pole pole(のんびり行こうよ)!