読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みなそこすなどけい2

水底砂時計ni

タロット占い

してもらいました。

三条京阪のあたりに机と椅子を持ち込んでおられた、30代くらいの女の方でした。

まあなんか衝動的に話しかけてみて、せっかくなので占ってもらうことにしました。

いい雰囲気の人だったし。

何について知りたいか聞かれ、あんましなんも考えてなかったのですが、

漠然と迷っている進路のことについて聞くことにし、それを告げます。

まず、両手の平を上にして机の上に置き、占い師さんがその手をとって、

「今から占いを始めます、よろしくお願いします」

といって、スタート。

タロットを机に広げてシャッフルしながら、

「さっきおっしゃってた、迷ってることなどを一度忘れて、

幸せになりたい、とだけ思うようにしてください。

そう思えるようになったら、ストップと言ってください」

で、ストップしたところでシャッフル終了。

カードをとんとん、と整えて、3つの山に分けて机に並べます。

「どの山を一番下にしたいですか」

「ではその上は」

そうしてまた一山にまとまった札を、今度は横向きに示されて、

「こっち(向かって右)とこっち(向かって左)、どっちが好きですか」

って聞かれて、左って答えて…

あー、その後またシャッフルしたんだったかな、忘れた。

まあ要するに幾つかの手順を踏んで、出来上がった山札の上から何枚かをめくって、

机の上に並べていきます。

その札を見て、占い師さんがいろいろおっしゃってくれるわけですねー。

まあ将来のことについては判断のしようがないのでここには書きませんが、

「現状」と「過去」についてはけっこう言い当てられた感じでした。

もちろん抽象的な言葉のレベルで、ですけどね。

たとえば、「いろいろ悩んだりしていたけれど、一番辛い時期はもう過ぎて、

今は良い傾向で推移しています。今は焦らず、活力のチャージが必要ですね」

みたいな感じ。

あとは、パーソナリティについても言われて、当たってる部分もけっこうあるな、って印象。

でもその辺は捉え方によっては誰にでも当てはまりますからねぇ。

全体としては信じる:ちょっと疑う=7:3くらいかなぁ。

占いなんてしてもらったのは初めてなわけですが、

この仕事ってどれだけ正確に言い当てるか、ではなく、

どれだけ相手に指針を示せるか、メンタルを前向きにさせるか、

それが鍵なのでは、と思います。

今日占ってもらって、当たってるかどうかは別にしても、

すごく感じのいい話し方でいろいろ言ってくれたので、

なんとなく心がすっきりした気分です。

押し付けがましいところはかけらもなかったし。

変な宗教とかではないし。

ま、こういう経験もたまにはありですね~。

なかなか不思議な時間を過ごせました。