読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みなそこすなどけい2

水底砂時計ni

ダイヤモンドへの手紙

 前略 菱川六花様

 いきなりこのような手紙を送りつけるご無礼をお許しください。
 この手紙は普通の方法で届けられたものではありません。いや、届いているかどうかも、書いている僕には知る術がないのです。そして、読み終えてしまえばこの手紙は泡立って消えてしまい、あなたはすぐに忘れてしまうでしょう。内容も、手紙そのものについても。ですからこれは僕の一方的な語りです。往復の可能性が、手紙であることの条件ならば、異なる世界に暮らすあなたへのこれは、手紙ですらないでしょう。以下は、それでも言わずにはおけなかった戯言です。少しの間だけでも聞いてもらえれば、とても幸せに思います。

 あなたはとても賢く、そして気高い人です。そうであるがゆえに、あなたが慌てたり不安になったり苛立ったり、うまく振る舞えないと感じるのは、あなたがあなた自身の愚かしさを許せないときなのだろうと思います。理想が高く、ことこまかに思い描くことができるからこそ、現実の自分とのギャップに苦悩する。たとえそれがほんのささいなことであっても。そう、ささいなことなのです。ピンと来ないでしょうか?


 プリキュアとしての、キュアダイヤモンドとしてのあなたは、いつでも的確に状況を判断し、仲間をサポートしていますね。決してスタンドプレーの派手さはないけれど、チームの要であるとさえ言えるでしょう。印象深いのは、トランプ王国からの帰還を試みた際、敵の幹部・ベールと交戦した場面です。今までにない強敵との戦いの中で、あなたは咄嗟に「バラバラじゃだめ!」と叫びました。そう、これがキュアソードも加わった4人での、最初の戦いでしたね。そうして見事な連携で敵に一杯食わせ、無事に元の世界へと帰還します。
 このときの咄嗟の、しかし確信に満ちた一声は、状況判断に基づくものであると同時に、あなたの自信のなさをも暗示しているように思えてなりません。プリキュアとしての資質という以前に、おそらくあなたは「自分一人の力」の不完全さをいつも噛み締めている。そんな風に思えてしまうのです。とりわけ、キュアハート・相田マナさんへの陶酔と、それゆえの気後れが、どうしても拭いがたい。
 逆に言えば、あなたはマナさんに無二の信頼を寄せています。トランプ王国で崩れた橋を跳び越えるとき、無理だと言いながらも届いてしまったあなたは、次に跳んだ剣崎さんへとすぐに笑顔で手を差し伸べます。これは、一人では無理に思えても、マナさんが隣にいればできる、マナさんの隣にいれば前を向ける、という気持ちの表れなのでしょう。とても素敵な信頼の形です。
 あなたを信頼しているのはマナさんの方も同じです。だけど、あなたはどうしてもどこか気後れしてしまう。愛に満ち、愛を振りまき、エネルギー溢れる彼女に、ともすれば置いていかれてしまうのではないか。彼女の傍らにいるのは、なにも自分でなくても、他に適格者がいるのではないか。真琴さんが転校してきた当初には、そうした不安が顕著にあらわれていたように思えます。
 ですが、その迷いを吹っ切ったときのあなたの表情は、とても鮮やかで、晴れ晴れとしていました。繰り返しになりますが、このとき抱えていた後ろ暗い気持ちも、なにもかも、きっと本当にささいなことなのです。「行くわよぉ、ラケル!」とパートナーの妖精に呼びかけて変身したときの歓喜の輝きこそが、あなたのほんとうの輝きであるように思えるのです。

 ラケルがあなたのパートナーになって、一緒に戦い、寝食を共にするようになったのは、とても幸いなことですね。なぜなら、あなたがあなた自身を許せなくても、ラケルのことは許せるからです。自分にちゃんと許す力が備わっているのだ、ということを身をもって知ることができるからです。その度に深く安堵できる。ラケルをケアすることは、あなた自身をケアすることなのではないでしょうか。小さな食器、小さな椅子、小さな布団……あなたの身の回りのものをそのまま小さくしたかわいい日用品に囲まれて暮らすラケルは、今や小さなあなたなのです。ラケルはパートナーとしてあなたに惹かれ、多少前のめり気味に歩み寄り、みごとに心を共振させました。選んでくれた存在であり、また同時に分身でもある彼を愛おしみ、尊敬し信頼しあう気持ちを、どうか大切にしてください。
 もっとも、こんな理屈をつけなくても、こんなお節介の念押しをしなくても、きっと平気でしょう。ラブリーコミューンに触れるゆびさきの感覚で、あなたはすべてわかっているはずなのですから。自分自身を許し、生かすことこそが「変身」なのだということを。

 長々と差し出がましいことを書いてしまいました。でも、言いたかったのは、たった一言、あなたは素晴らしい、魅力ある女の子だ、とただそれだけのことなのです。
 あなたの側にはありすさんがいます。彼女はいつでも話を聞いてくれるし、こだわりや思い込みを、ふわっと解消する糸口をくれるはずです。
 真琴さんとは思いの強さに共感し、良い刺激を与え合えるでしょう。
 あなたは、勉強ができるといった上辺の意味だけでなく、ほんとうに賢い人です。ほんとうに賢い人というのは、じぶんを生かしじぶんを幸福にできる道を、まちがえずに選び取れる人のことです。停滞の甘やかさに浸っていたいからという理由で、かなしみや不運のなかにじぶんを置いてしまうことは、往々にしてあるものです。でも、そうならない強さをあなたはちゃんと持っています。
 その強さはきっと、たとえば小さな妖精のためにウインナーをタコさんにするような、布団をかけ直してあげるような、ささいな優しさに宿るのだと思います。
 そう、すべてはささいなことなのです。だから大丈夫。
 
 マナさんの隣にいること、隣にいて前を向くことを、何度でも選び直せますように。なにも心配せず、でもおおいに悩んで、あなた自信の「変身」を仲間とともに選んでゆけますように。そう心から願っています。